日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾンショップ等、温故知新ラボで検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。11月22日、フットベース製品機能を応用したゴルフ専用インソール「フットベース・Gインソール」の販売を開始しました。

トピックス

温故知新ラボ オススメ本 (腸内環境正常化の重要性が分かります)

2017年2月26日

ここに紹介する本は、ほとんど今から30年以上前の本です。

古書には、今のような根拠、エビデンスを数値や理論で表すことができない時代、様々な犠牲、経験のもとに書かれています。

まさしく、アレキシス・カレル先生の言う「実地概念」。

進化した今の科学で判明した事実と照らし合わせてもほとんどが正しかったことが分かります。

腸内環境正常化の重要性が大まかに分かります。

腸内環境を勉強される方にオススメします。(論文や専門書と違い、わかりやすく書かれています)

プラス、最近の分かりやすい本も入れております。

古書の紹介

長寿村・短命化の教訓、健康長寿の食生活、鷹觜テル 著 食べて勝つ ロバートハース 著、人間この未知なるもの アレキシス・カレル 著

古書の紹介

人間この未知なるもの アレキシス・カレル 著、世界記録を生んだ栄養(マレイ・ローズの父の手記) イアン・F・ローズ 著、ヨーロッパ文化と日本文化 ルイス・フロイス著、生命現象と環境 桜井如一 著

古書の紹介

食は運命を左右する、ベルツの日記、世界の長寿村、ルミナコイド研究のフロンティア(食物繊維、レジスタントスターチ、オリゴ糖)

古書の紹介

人間と土の栄養学 鷹觜テル 著、薬の生い立ち、世界史を変えた薬、腸内細菌の話

古書の紹介

短命化が始まった、41歳寿命説、薬にかわる食べもの、日本の長寿村・短命村

古書の紹介

乳酸菌力、活性酸素の恐怖、歴史は「食」で作られた、大便通

本の紹介

最高の睡眠、あなたの人生を変える睡眠の法則、極論で語る睡眠医学、日本人の体質

ページの先頭へ