日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」として、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、販売を行っております。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。

トピックス

埼玉栄高等学校 男子陸上競技部 男子トラック競技1位 埼玉県大会(インターハイ予選)

2017年5月18日

・4×400mR 優勝 (小高選手・高山選手・大塚選手・志賀選手)23年ぶり大会記録更新まで0.3秒
 ・800m 2位 高山選手
 ・400m 4位 高山選手
 ・400mH 5位 志賀選手
 ・4×100mR 3位 (村松選手・小原選手・志賀選手・小高選手)

  関東大会出場 決定! 

 

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 開催 埼玉県大会埼玉県大会埼玉栄高等学校 トラック競技

ページの先頭へ