日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」として、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、販売を行っております。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。

トピックス

オススメ!クロックヨーグルト(煮出し後クロックティー調理例) プロ、プレバイオティクス

2017年6月25日

煮出し後のクロックティー調理例の1つとして、朝食やおやつタイムにオススメ。

「クロックヨーグルト」

腸内細菌の主食であるルミナコイド・食物繊維群豊富なクロックティーの煮出し後のお米をヨーグルトとメープルシロップ(はちみつ等)に混ぜて食せば、腸内環境にベストなプロバイオティクス、プレバイオティクスのバランスでお腹が喜びます。(腸内環境正常化)

ヨーグルトの乳酸菌、ビフィズス菌(プロバイオティクス・・・・有用菌)

クロックティー煮出し後のお米(プレバイオティクス・・・・腸内細菌の主食)

腸内細菌の主食(ルミナコイド・食物繊維群・・・・レジスタントスターチ、水溶性、不溶性食物繊維、オリゴ糖)

お釈迦様も食していた醍醐・醍醐味(乳製品・ヨーグルト的なもの)、実は、カルピスも仏教用語から来ています。

 

食物繊維豊富なクロックティーヨーグルト「クロックヨーグルト」 ヨーグルトで健康革命、乳酸菌力

ページの先頭へ