日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」として、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、販売を行っております。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。

トピックス

ゴルフ ボディーターン習得マシン コアターン 腰(外転)と股関節(内転)の逆回転スイング

2017年11月3日

コアターン ゴルフスイング

腰(外転)と股関節(内転)の逆回転

テークバック :軸をブラさずに腰が少し右に回る時、右股関節は左に回す。

ダウンスイング:軸をブラさずに上体を後ろに向けたまま、下半身始動、腰を左に回すと同時に左股関節は右に回す。

この動きが習得出来ます。

 

軸を保ったまま、ダウンスイングで上体を後ろへ向けたままで左に腰を切る練習に最適です。

毎日20回でも上体を後ろに向けたまま腰を切る動きをするだけでも変わります。

下半身始動のボディーターンが身につきます。

 

 

ゴルフ ボディーターン習得マシン コアターン

ゴルフ ボディーターン習得マシン コアターン

 

 

ページの先頭へ