日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」として、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、販売を行っております。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。

トピックス

レジスタントスターチを気軽に摂取出来る「レジスタ」、販売開始から約2年になります。

2017年12月23日

2016年2月25日に販売を開始しました「レジスタ」

おかげ様で、販売開始から約2年が経過しました。

現在、アマゾン、楽天始め、薬局、スポーツショップ、接骨院など、様々な所で販売しております。

レジスタは、普段、食物繊維を意識して摂取されている方で、あまり変化のない方に特にお勧めです。

100g当たりのレジスタントスターチ推定量 64,5gと多く含んでおります。

食物繊維群(ルミナコイド)※1の中で、特に短鎖脂肪酸の酪酸を多く分泌するものがレジスタントスターチ、そしてお腹の奥まで届く性質があると言われています。

冷やしごはんや冷えたポテトサラダなどもデンプンがベータ化することで、多少は増えますが、分量的には、非常に少なく、レジスタントスターチの摂取は、現代社会では、難しいとされています。

※1食物繊維群(ルミナコイド)は、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖、レジスタントスターチなど

レジスタは、レジスタントスターチを味噌汁やヨーグルト、コーヒーなどに混ぜて、気軽に摂取できます。

レジスタントスターチ サプリメント レジスタ

短鎖脂肪酸から酪酸を作る画像

 

高いレジスタントスターチ含有 サプリメント レジスタ パンフレット 画像

ページの先頭へ