日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
オナカ(腸内環境)だけをずっと真面目に考える”ONAKA研究カンパニー”として腸内環境を整える「食」「運動」「姿勢」について温故知新ラボで研究・開発。また食・運動・姿勢の講座、指導等を行っています。
腸内環境サポート食品として、摂取の難しいレジスタントスターチが多く摂れるサプリメント「レジスタ」、サビ・コゲ予防に厳選ポリフェノール4素材を黄金比率配合したノンカフェインポリフェノール焙煎茶「クロックティー」などを開発、販売。
今回、新たに姿勢サポート商品として、ついでに履いて、時々踏むだけでサイズダウン・ダイエットが期待できる「フットベース」 インソール/サンダル/オフィスサンダル/ナースサンダル/ボードを開発、販売を開始しました。

トピックス

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)の作り方

2018年1月13日

ノンカフェインポリフェノール焙煎茶クロックティーの楽しみ方の1つに

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋) ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)材料 ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)材料

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)があります。

腸内環境にとても良いポリフェノールを含み、普段のモツ鍋(コラーゲン鍋)の旨味が引き立ち、コクが出ます。

 

 

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)の作り方

1,2人分のポリフェノール・コラーゲン鍋を作る場合

ホルモン(モツ)200g(今回は、小腸使用)豚のバラ肉100g

クロックティー:大さじ1杯(ティーストレーナーに入れて煮出します)

大根、キャベツ、ちぢみゆきな、モツ鍋スープ

 

モツ鍋スープを入れ、そこにクロックティー大さじ1杯(ティーストレーナーに入れて)入れます。

沸騰してきたら肉を入れます。

肉の色が変わってきたら大根、ある程度柔らかくなったら、ティーストレーナーを取り出します。

そしてちぢみゆきなを入れ、蓋をします。

じっくり弱火でかけ、大根に串が通れば完成です。

 

 

ページの先頭へ