日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾンショップ等、温故知新ラボで検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。

トピックス

腸内環境を整えてからのダイエット 2つの基本(摂取カロリーを意識、軽い糖質制限になります。)

2018年11月2日

 

摂取カロリーを意識

 

カロリー

 

先日、都内で講座を行った際にもダイエットについて質問がありました。

私共が、いつもお答えするのは、腸内環境を整えること(食物繊維群とポリフェノール摂取、適度な運動、睡眠)と適正な摂取カロリーの意識、この2点です。

この摂取カロリーの問題、例えば、昨今、流行の油(オイル)やナッツ類などメリットもありますが、カロリー過多になるデメリットもあり、ダイエットには注意が必要です。

調味料なども影に隠れておりますが、結構なカロリーの商品もあります。

その上で、お買い物される時、また食べられる、飲まれる時には、商品ラベルにある栄養成分表示のエネルギーをよく御覧くださいとお答えしております。

私自身、菓子パンを何気なしに食べていて、ラベル裏の栄養成分表示のエネルギーを見て1個550Kcalであることが判り、驚いたことがあります。

45歳の女性で、1日の活動が普通であれば、厚生労働省がカロリー摂取基準を設けている表に照らし合わせると1日の目安は、2000Kcalになります。

摂取カロリーを意識して、ある程度の満腹感を得ようとするために量を摂ろうとすると、必然的に糖質の多い食品は抑えるようになり、結果、軽い糖質制限にもなります。

また、腸内環境を整えるために、食物繊維群、ポリフェノールを意識して摂取することは、必然的に低GI・FI値の食品を摂ることに繋がります。

商品には、100gで、500Kcalを超えるものも多くあり、製法によって、まったくカロリーが違う同じ商品もありますので、ある程度の意識が必要です。

知らない内にカロリーを摂りすぎてしまうことも多く、ダイエット失敗の大きな原因の1つだと思います。

今回、講座でお答えしている、その2点をご紹介します。

 

ダイエット2つの基本

 

ダイエット

 

オナカ

①腸内環境を整える

食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ること。

 

 

カロリー

 

カロリー

②摂取カロリーを意識

商品パッケージの栄養成分表示にて買う・食べる・飲む時、カロリー(エネルギー)チェック。

商品パッケージ

 

下記、性別・年齢・活動レベル別、1日のカロリー摂取基準にて自分の必要カロリーを目安に、ある程度の意識をして食生活を行う。

摂取カロリー

例えば、33歳・女性・1日の活動レベルが普通の方であれば、1日2000Kcalが目安になります。

 

商品成分データベース

https://fooddb.mext.go.jp/

食品成分データベースサイト(文部科学省)

野菜、肉・魚等のカロリー、また食材の栄養素、その栄養素のランキングなど

日本食品標準成分表2015年版(七訂)が簡単に検索出来ます。

是非、ご活用下さい。

 

この2つを行うことで、今まで以上に期待できるものと思います。

 

ページの先頭へ