日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
いつもの健康・美容・ダイエット習慣にプラスするだけ、カラダの内側・外側から腸内環境に簡単アプローチ!腸内環境正常化のサインは、お通じ(質・量)の変化です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・睡眠 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、食サポート商品「レジスタ」「クロックティー」、運動サポート商品「フットベース・ボード」、睡眠サポート商品「フットベース・ネルモード」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾンショップ等、温故知新ラボで検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ポリフェノールを意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、自律神経を副交感神経優位にして十分な睡眠を取ることが大切です。11月22日、フットベース製品機能を応用したゴルフ専用インソール「フットベース・Gインソール」の販売を開始しました。

フットベースボード

<商品概要>

 

 

腸内環境を整えるための適度な運動習慣

踏むだけすっきりボード

「フットベースボードTM

特許出願済

 

フットベースボード フットベースボード

 

続く・簡単・気軽!

踏み踏みするだけで、

オナカのツボ・インナーマッスルに。

 

フットベースボード

 

 

フットベース・ボードは、黄色い2つの突起の持つ傾斜ポンプ機能が、足裏にあるオナカのツボ、反射区、インナーマッスル、姿勢、足裏アーチにアプローチするように人間工学に基づいて設計された製品です。

 

 

ボード画像

 

 

 

 

<すっきりメソッド(方法)>

 

 

朝、お水を飲んで、フットベースボードをトータル 5分前後踏むだけで、

すっきりが、期待できます。

 

お水を飲んで、オナカを起こして、そして足裏で、ボードの伸縮する2つの傾斜ポンプ突起を踏み、オナカのツボやインナーマッスル、巡りに 外から刺激・アプローチすることで、徐々にすっきり含め、良い変化が期待できます。

 

フットベースボード使用方法

 

 

 

<踏む(足裏)機能>

 

 

ボードの持つポンプ機能、傾斜ベースにより、足裏の持つ、足裏から繋がる健康機能を最大限に引き出します。

ポンプ突起を踏むことにより、足裏の反射区、ツボ、オナカのインナーマッスルを刺激、足裏アーチの筋肉をほぐし、巡り、姿勢を良くします。

 

 

フットベースボード足裏

 

 

フットベースボード 踏む

 

 

 

適度な踏み踏み運動で、足裏のツボ・めぐり・インナーマッスルからオナカへ

朝だけでなく、時間の合間にいつでもどこでも気軽に踏むことで、

適度な運動習慣にもなり、

またオナカのインナーマッスル、足先からの巡り、姿勢、足裏アーチなど

良い変化が期待できます。

 

クロックティー、レジスタとの併用(インナービューティーメソッド)で行うことで、更に実感いただけます。

 

 

 

 

<フットベースボードの特徴>

 

 

 

フットベース写真

 

 

フットベースボードフットベースボード

両突起は、傾斜ポンプ機能を持ち合わせ、荷重によって適度な弾力性と高い耐久性を保持。

また突起配置間隔、大きさ、形状、硬さ等、人間工学に基づき、足裏にフィットするように計算しています。

また傾斜は、人間工学に基づき、踏んだ際の足裏の形状にフィットするように計算した角度です。

 

EVA樹脂という安全で環境や人にやさしい素材を使用しており、口で触っても害がなく、風雨や紫外線を浴び続けても劣化しにくい耐久性にすぐれた素材です。また軽くてソフトな発泡素材ですので、フローリングや壁を傷つけません。

 

 

 

<商品詳細>

 

 

<使用上の注意>

フットベースボード・両突起の耐久性について:通常使用であれば、1年以上、効果の落ちる顕著な沈みにならない設計です。(但し使用する中で効果に影響のない多少の沈みはございます。)

お手入れ:汚れが気になったら、中性洗剤で水洗いを行って下さい。(背面のロゴマークステッカーを剥がしてから行ってください。)

 

 

フットベースボード

 

 

商品名:フットベース・ボード

品番 : FBB 001  

サイズ:100×300×30

勾配:15度

重量:75g 

素材:EVA樹脂 

原産国:日本

カラー:ブラック+イエロー

販売価格(税別)  ¥3,600

 

 

 

 

腸内環境を整えるためのおススメ製品目安表

 

 

 

温故知新ラボオススメ目安表 温故知新ラボオススメ目安表

 

 

ページの先頭へ