日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
オナカ(腸内環境)だけをずっと真面目に考える”ONAKA研究カンパニー”として腸内環境を整える「食」「運動」「姿勢」について温故知新ラボで研究・開発を行っています。
腸内環境サポート食品として、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、ノンカフェインポリフェノール焙煎茶「クロックティー」を開発、販売。
姿勢サポート商品として、「フットベース」 インソール/サンダル/オフィスサンダル/ナースサンダル/ボードを開発、販売。またエアーラン腹筋理論に基づく運動サポート商品(腹筋サポートギア)として、苦手で嫌い、続かない人の多い「腹筋」を気軽に簡単に、続く・習慣化出来る「フットベース・ボード」の開発、販売を行っています。

ラボ研究素材

ラボ取扱いメイン雑穀

米粒麦(大麦)

米粒麦(大麦)食物繊維の含有量が、白米の20倍、水溶性食物繊維ダントツ、βグルカンは、免疫力を高める、生活習慣病を抑制する、腸内環境を整える効果があります。 (国内産)

籾発芽玄米

籾発芽玄米籾の状態で自然発芽させる方法の特別な発芽玄米。食物繊維群であるレジスタントスターチが豊富。また通常の発芽玄米よりGABA(γーアミノ酪酸)が白米の21倍、通常の発芽玄米の2倍。 (秋田県産)


挽き割り大豆

挽き割り大豆北海道産大豆を挽き割りにしたものです。数ある豆類は、その殆どがでんぷんであるのに対して大豆は、タンパク質が主成分です。不溶性食物繊維また食物繊維群であるオリゴ糖を多く含み、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど栄養素も食品中トップクラス、話題のオメガ3も多く含んでいます。女性ホルモンを助けるイソフラボン、サポニンなども多く、女性にはまずこれをブレンドに入れることをお勧めします。おから+豆乳=大豆です。

きざみ昆布

きざみ昆布水溶性食物繊維であるフコイダンが豊富に含まれておりミネラルも豊富です。海藻にしか存在しない特有の多糖類が含まれており様々な健康成分が入っています。


炊飲でん粉

炊飯でん粉イモ、トウモロコシ、マメでん粉を黄金比率でブレンドしたでん粉です。雑穀の固い外皮を炊飯ジャーの中でギュっと熱を高めて柔らかくします。

アマランサス

アマランサス世界保健機構(WHO)で「未来の食物」と評価。「スーパーグレイン」(驚異の穀物)といわれるほど、たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維などが、ずば抜けて豊富に含まれています。


もちあわ

もちあわエネルギーを燃やすのに必要なマグネシウムやビタミンB群が多く含まれていて、脂質代謝の改善に効果があります。カリウムや鉄分も多く、女性にはうれしい穀物であり、パンテトン酸を多く含みます。

キヌア

キヌアアメリカ航空宇宙局(NASA)が「21世紀の主食」と評価。たんぱく質と脂質が豊富であり、マグネシウム、鉄分の他に、カルシウムがとても多く、女性におすすめです。


もちきび

もちきび新しい肌やエネルギーを作り出す補酵素になるマグネシウム、脂質の代謝を促すビタミンB2を多く含んでいます。良質なたんぱく質が多いが、脂質が少なく低カロリーなのでダイエットの心強い味方になり、黄色い色素であるポリフェノールも豊富に含みます。

赤米

赤米赤色の正体は、「プロアントシアニジン」というクランベリーに含まれるものと同じ色素。抗酸化作用の効果が高く、炎症を軽減するなど、免疫力を高める効果も。この色素は、コラーゲン生成を促進するビタミンCを破壊から守る効果もあるので、美肌にも効果が期待できます。また、食物繊維群であるレジスタントスターチも豊富です。


黒米

黒米黒い色は、「アントシアニン」と呼ばれる、ブルーベリーに含まれるものと同じ色素。抗酸化作用があり、また食物繊維群であるレジスタントスターチも豊富です。そのほか、滋養強壮にもすぐれ、造血作用がある米として昔から薬膳料理にもよく使われています。

緑米

緑米緑米の胚芽部分に含まれるクロロフイル色素(ポリフェノール)には、血中の脂質の正常化に作用してコレステロールを減少させる働きや、抗酸化作用などの働きがあり、クロロフィル色素は貧血予防に効果があるとも言われております。また食物繊維群であるレジスタントスターチも豊富です。


チアシード

チアシードメキシコなど中南米原産のシソ科サルビア属であるミントの一種の植物「チア」の種。 栄養価が高く、水分を多く吸収することから、ダイエットを行う人には高い人気があります。正確には穀物ではありません。

ひえ

ひえ栄養価が高く、白米と比べると、食物繊維は約8倍、鉄分、亜鉛は約2倍、カリウムは約3倍含まれており、体を温める効果も期待でき、冷え症の女性にお勧めです。


ハトムギ

ハトムギ漢方ではヨクイニンといわれ、利尿効果や滋養強壮作用、美肌に効果があります。体中に水分や血液の代謝を促すので、デトックス効果もあります。また白米と比べると、たんぱく質も多く含み、脂質の代謝を促すビタミンB2が白米の約2.5倍み含まれています。

発芽玄米

発芽玄米玄米を水に浸して発芽直前の状態にしたもので、玄米よりもさらに栄養価がアップし、ミネラルの吸収率や抗酸化作用も向上。アミノ酸のひとつであるGABA(γーアミノ酪酸)が白米の10倍になります。GABAは、血圧上昇や動脈硬化を抑制、肝臓や腎臓の機能向上などの作用があります。


玄米

玄米米から籾殻だけを取ったもので、白米に比べ食物繊維は4倍、マグネシウムは5倍、ビタミンEは、4倍含まれています。

もち米粒麦

もち米粒麦大麦は、製品の形が変わっても、芯まで水溶性食物繊維がぎっしり詰まっており、ほぼ同じの栄養素になります。
食物繊維の含有量がとても多く、白米の20倍、特に雑穀では珍しく水溶性食物繊維はダントツ。様々な栄養素も多く含みます。


もち押麦(もち麦)

もち押麦(もち麦)大麦は、製品の形が変わっても、芯まで水溶性食物繊維がぎっしり詰まっており、ほぼ同じの栄養素になります。
食物繊維の含有量がとても多く、白米の20倍、特に雑穀では珍しく水溶性食物繊維はダントツ。様々な栄養素も多く含みます。

うるち押麦

うるち押麦大麦は、製品の形が変わっても、芯まで水溶性食物繊維がぎっしり詰まっており、ほぼ同じの栄養素になります。
食物繊維の含有量がとても多く、白米の20倍、特に雑穀では珍しく水溶性食物繊維はダントツ。様々な栄養素も多く含みます。


大豆粉

大豆粉北海道産大豆を粉にしたものです。数ある豆類は、その殆どがでんぷんであるのに対して大豆は、タンパク質が主成分です。不溶性食物繊維また食物繊維群であるオリゴ糖を多く含み、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど栄養素も食品中トップクラス、話題のオメガ3も多く含んでいます。女性ホルモンを助けるイソフラボン、サポニンなども多く、大麦粉と大豆粉を混ぜると最高の粉が出来上がります。

うるち大麦粉

うるち大麦粉大麦は、製品の形が変わっても、芯まで水溶性食物繊維がぎっしり詰まっており、ほぼ同じの栄養素になります。
食物繊維の含有量がとても多く、白米の20倍、特に雑穀では珍しく水溶性食物繊維はダントツ。様々な栄養素も多く含みます。


ページの先頭へ